お手軽ダイエット

お金のかからないダイエット方法には食事の時間を工夫したり、ウォーキングなどの運動をする方法などたくさんありますが、おススメの方法とはどのようなものなのでしょうか。
世の中にはダイエットをしたいと思っている方がたくさんいます。
でもそのほとんどの方が「お金がかかるから」と言う理由でなかなか取り組みにくいと感じている方がいます。
本当にそうでしょうか。実はお金が掛からないダイエット方法はたくさんあるのです。
食べないということはお金がかからないダイエット方法ですが、体調を崩してしまう可能性がありますので、要注意です。
おススメをしたいのがウォーキングです。
これは自宅にジャージや動きやすい服装と運動靴があれば今日からでも取り掛かれます。
なければお金がかかってしまいますが。
確かにスポーツジムのような最新設備の中で行う運動ではありませんが、20分間以上継続をすれば立派な有酸素運動になります。
1日おきでも良いのできちんと継続をしていれば1か月目から結果がでる場合もあります。
近くに大きな公園や河原があればベストな環境の中で歩くことができますが、自宅近くでのウォーキングも上り坂があったりすると逆に消費カロリーが多くダイエット効果にも現われます。
ですので何か良い方法がないかと考える前に行動をしてみましょう。
お金のかからないダイエット方法の運動については有酸素運動と組み合わせると結果が出やすいのが筋肉トレーニングです。
決して重い鉄アレイを持ち上げてムキムキの筋肉質の身体を作るためのトレーニングではないので、自宅で簡単に取り組めるトレーニング方法となります。
お金をかければダイエットの効果が出るというわけではありませんので、これからダイエットする方は是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

おやつ抜きダイエット

おやつ抜きするだけでダイエットの効果はどれくらいあるのでしょうか。
おやつを抜くだけの簡単な方法なのに、口コミでは成功率が高いと人気のダイエット方法です。
効果を出すためには食事にも気をつける必要があります。
おやつ抜きダイエットは効果が高いと感じている口コミが多くありますが、その裏を返すとおやつを日常的に食べていて、食事以外のカロリーを摂取しているという場合が多いということでもあります。
普段からおやつは日課という方は、食事制限ダイエットをしなくても効果を感じることが多いです。おやつ抜きダイエットとは、1日に食べる朝食・昼食・夜食の基本的な3食以外は食事をしないというダイエット方法です。
簡単に言ってしまえば、間食を一切しないということです。おやつ抜きが辛いという方は意外と多いのではないでしょうか。
ダイエットといえば食事制限をする方が多いのですが、実際のところ食事制限はかなりきつくストレスが溜まってしまい失敗しやすいです。
それに野菜や魚介類だけ・炭水化物抜きなどの食事制限は、栄養バランスを崩しやすく健康的にも良くないのです。
しかし、このおやつ抜きダイエットは、間食を抜くだけという食事制限無しのダイエットです。
そんなことで痩せるのかと疑問を持つ方もいますが、太る原因が間食という方はかなりいます。
間食はそんなに食べていないという方でも、少ない量でもかなりのカロリーを摂取しているのです。
たとえば、ケーキを1つ食べてもカロリーは約500~700kg近くあります。それを続けていれば確実に太ってしまいます。
そんな間食を抜くことで痩せるというのが、このおやつ抜きダイエットのメカニズムです。
おやつ抜きダイエットの効果としては、やはり体重の減少です。
今まで間食をしてきた方は、無駄なカロリー摂取を抑えることにより確実に体重が減ります。
ダイエット前と同じ生活をしていても減量することが出来るのです。
それは何故かというと、1日3食の摂取カロリーと1日3食+間食の摂取カロリーでは、大小に関わらず差が出ます。
たかが間食と思っていても、毎日続けていればかなり無駄なカロリーを摂取していることになるのです。また、ポテトチップスなどの脂質の高いスナック菓子を間食として食べていると血液がドロドロになってしまいます。
少ない量でもかなりの油を使っているからです。
間食は体重が増えるだけではなく、健康面にも害を及ぼすのです。
それに加えて脂質ばかり摂取していると、血液だけではなく肌にも影響します。
脂っぽい肌になりニキビや吹き出物が出来やすい不衛生な肌になりやすくなります。
なので、間食を抜くだけでダイエット効果や体内の環境改善・正常な肌への働きなどをもたらしてくれます。
普段から間食している方にはこのダイエット方法は効果が高いです。
おやつによって意外とカロリーを摂取している場合も多いので、効果が期待できます。

 

毎日のウォーキング

お手軽にできるダイエットとして、かつすぐに効果が出るダイエットとしてお勧めしたいのは毎日1万歩以上のウォーキングです。
この1万歩以上のウォーキングには連続30分以上のウォーキングが含まれると考えてください。
季節を問わず、毎日このウォーキングを続ける事はそれほど苦痛ではありません。
ダイエットを成功させるには、何よりも毎日継続することが求められます。
個人的にはウォーキングが1番お手軽だと私は考えています。
もちろん、最初は毎日1万歩歩ことが大変だと感じるかもしれません。
しかし、慣れてしまえば大したことはありません。
逆に毎日、1万歩歩かないことの方が気持ち悪くなるくらいです。
ここまで感じられるようになればもうこちらのしめたものだと思います。
きっと、この感じられるころにはもダイエットもうまく進んでいることでしょう。
私は、この方法でダイエットを成功させることができました。

食物繊維でダイエット

特別なダイエットをせずに標準体重を維持し続けている私が日ごろから行っていること。

それは食事の際に食物繊維を意識して摂ることです。

肉や魚を1とすると、その2倍の量は野菜を摂るようにしています。

「糖尿病の予防のためには食事の際に、野菜から食べ始めると良い」ということを耳にし実践しはじめたのですが、食物繊維は吸収を抑えてくれるので、食事の際に一緒に取ることで余分なものを吸収させずにすみます。

そんな訳で、デザートを食べるなら食間よりは食後に食べる。

食べるタイミングを変えるだけで体への吸収も違うようです。

私は甘いものが好きなため、1日1回はシュークリームやどら焼きなどを食べますが、特に太るということもなく現在の体重を維持し続けています。

運動という運動も特にしませんが、これに気をつけているだけで体重に変化はありません。

この2つに気をつけるだけでかなり違うと思います。

糖質制限ダイエット

普段、私が行っている糖質制限ダイエットをご紹介します。
その名の通り、糖質を取り過ぎないようにすることです。
糖質といっても、どんなものが該当するのか、栄養学を学んでいなければ難しいと思いますので、簡単な見分け方をご説明します。
それは、主食です。主食とは、お米やパン、麺類などのメインとなるものです。
できることなら、それらを全く摂らないようにしましょう。
全く摂らなくても、他の栄養で体を動かすために必要なものは賄うことができます。
全く摂らない方法が難しいという人は、1日の中で1食だけ、糖質を摂らない食事を設けましょう。
たとえば、晩御飯の白ご飯は食べない、といった具合です。
それなら、あまり難しくなく、すぐに始められる簡単な方法です。
糖質を制限することで、ストレスがたまるようであれば、無理せずにできる範囲での制限にしてください。
いきなり頑張りすぎずに、徐々にハードにしていくことが大切です。

私の簡単ダイエット

今までダイエットの為に色々と試してきました。ネットなんかの広告で見る痩せるお茶やサプリメント、はたまたジムに通ったり等々..。
お茶やサプリメントは自分には合わないのかお腹をくだすしジムはお金かかるしなんかないかなぁと思い、色々と考えたり実践したりしました。
結局1番簡単なダイエット方は毎日カレンダーに自分の体重を書き意識した生活を送ることなのではないかな?と思います。そうすることで自分の頭の中にはなんとなくでも記憶されると思います。後は夕食後に1日の仕事の反省やストレス解消も込めてランニングやウォーキングなんかもしたりしています。過度なダイエットよりも今はその体重を、キープするために続けています。季節を感じることできたりするので私自身の簡単な方法はランニングやウォーキングです。
このあとまたいつものようにランニングいってきます。

ランニング

飽きないダイエット

飽きないダイエットをすることで成功しやすくなりますが、効果的な食事や運動にはどのような方法があるのでしょうか。
食事でダイエットすると飽きてしまうことがありますので、メニューの工夫や定期的に運動を取り入れていくことが大事です。
飽きないダイエットの方法を確立するだけで、苦しいダイエットとはおさらばできて、楽に成功しやすくなります。
とはいえ飽きないダイエット方法には、習慣化をさせることが大事なので食事メニューはもちろん、毎日の生活習慣に上手にダイエットを組み入れていく工夫が大事になります。
痩せたいけどダイエットが長続きしない、という方は年齢問わずとても多いです。
元々飽き性な人、体調不良や生理等で休むとそのままやらなくなってしまう人、いろいろなダイエットに目移りして、結果を出す前に一つのダイエットを止めてしまう人と様々です。
どんなに飽き性ではない人でも一つのことをずっと続けていくのは難しいものです。
たとえば、昔流行った「りんごダイエット」ですが、これは食事を全てりんごにするという無茶なダイエット方法ですが、上手く続けられたとしても痩せるというよりはやつれてしまい、体調を崩してしまう方がいます。
それ以上にずっとりんごを食べるというのを続けられる人はそうそういないのです。まず味に飽きます。どんなに美味しいりんごでも、毎食毎日食べていれば飽きます(大好きな方は別かもしれませんが)。
そしてずっと同じ行動をしているのも飽きます。
今日も明日も一週間後も、痩せるまでずっとりんごダイエットする、などやる前は良くても日が経つと気が滅入ってしまいます。
これはダイエットに限らず、お気に入りの漫画やテレビ番組でも、同じものを毎日見なくてはいけないとなると飽きるものです。
では、飽きないダイエットとはあるのか、あるならそれを始めたいと思うところです。
飽きずにダイエットを継続する方法で最も注意するポイントは「無理をしない」というところです。通勤を徒歩にするような運動ダイエットは、すぐにできる人も多いかと思いますので、おススメです。

ダイエットの秘訣

ダイエットといえば、しんどい運動や無理な食事制限がつきものというイメージがありますが、簡単にできるダイエット方法を2つ紹介したいと思います。
その方法の一つ目は、夜ごはんを20時までに済ませること。
仕事が終わるのが遅い方には難しいですが、夜ご飯の時間を早めることで寝る前には消化されているので痩せやすい体になっていると思います。
二つ目は夜は炭水化物を取らない、もしくは控えることです。
夜は朝昼と違って運動量が少ないのでどうしても消費してくれるカロリーが少なくなります。
ですので、少しでもカロリーを抑えるために夜は白米を食べない、どうしても食べたければおかずを全て食べ終わった後に食べるようにするだけで、自然といつもよりも白米を食べる量を減らすことができて、少しずつではありますが、体重が減っていきます。
この方法だけではありませんが5キロほど痩せることができました。

おそば簡単ダイエット

30代後半の女性です。
学生時代から毎日体重をはかり、「ちょっと太った?」と感じる時には、いつもの食事を大好物のおそばにおきかえるダイエットをします。
おそばはカロリーが低く、またエネルギーになりやすいのに腹もちがよいので、まさにダイエット向けの食品と言えるでしょう。
朝と昼はいつも通りに食べて、夜の食事だけをそばにします。
かけでも盛りでもいいのですが、天かすや油揚げなどの脂っこいトッピングは避けます。
ベストはとろろそばか山菜そば。
よく噛んで食べ、できればその後早めに寝てしまうと、翌日は体重が数百グラム単位で軽減しているので、とても効果があります。
休日ならば、昼はにしんや月見そば、夜はねぎだけという風に連続で食べることもあります。
とにかく好物なので、少しの変化をつければ食べ続けられるのが嬉しいですし、乾麺なら保存が効くのもいいですね。
アレルギーのある人はNGですが、麺類のお好きな方にはおすすめのダイエットです。

超簡単ダイエット法

私は今まで、厳しい食事制限やハードな運動をするというようなきついダイエットをやったことがありません。
ですが、身長の伸びが終わった18歳の頃からアラフォーの現在まで、162cm、49~51kgというほど良い体型をキープしています。
ダイエットはしていないけれど、実は習慣的に運動をしているというわけでもありません。
ただ20年以上ずっとやってきたことは、51kgに近づいたら必ず体重を減らし、絶対51kgを超えないようにしたことです。
なので、体重を減らすと言っても0.5~1kgくらいのもので、食事を減らしおやつをやめれば、早ければ2日程度、時間がかかっても5日くらいで達成できてきました。本当にやってきたことはそれだけなんです。
テレビなどでハードなダイエットをやっていたり、その後リバウンドをした人などを見ることがありますが、いつも思うんです。増やさなければ減らさなくてもいいのに、と。
私のダイエット法を一言で言うと、ちょっと増えたらちょっと減らす、です。